現在サイトのテーマ調整中です。デザインや記事が一部崩れている所がありますが、ご了承ください。

【AviUtl】ウィンドウサイズが合わない時の対処法

AviUtl ウィンドウサイズ 合わない時の対処法
URLをコピーする
URLをコピーしました!

AviUtlをインストールし、初期設定のまま利用すると、動画がウィンドウサイズが合わずに編集がやりづらい事があります。

例えば、初期設定のAviUtlに以下の様な画像を取り込んでみます。

取り込む画像

Aviutl ウィンドウサイズ 元画像
AviUtlに取り込む画像

備考

  • 例の画像サイズは2560×1920です。
  • AviUtlに取り込む際は、『読み込むファイルに合わせる』
取り込み設定

『読み込むファイルに合わせる』にチェックを入れる事で、AviUtlの作業域(横x縦)を自動で合わせてくれます。

しかし、AviUtlに取り込んでみると、以下のように表示されます。

AviUtlに取り込み後

このように、画像や動画のサイズが大きい場合、AviUtlの作業画面内に収まらない事が起こります。

AviUtl ウィンドウサイズ1

AviUtlの左上を確認すると(2560,1920)と書かれている為、このサイズで編集データが作成されていることは確認できます。

何故、画面から見切れてしまうの?

そのままのサイズで画面に表示しているから。

画像が、AviUtlの作業画面からはみ出してしまうのは、画像をそのままのサイズで表示しているからです。

読者

んん??どういうこと?

例えば、今回の画像の様に、『2560×1920』の画像を、そのまま画面に表示したい場合は、『2560×1920』のディスプレイが必要になります。
一般的なFullHDのディスプレイですと『1920×1080』ですので、足りていない『640×840』分が、作業画面からはみ出してしまいます。

このままの状態では、編集が非常にやりづらいですが、ウィンドウサイズに合わせる方法があります。

今回の記事では、動画とウィンドウサイズを合わせる方法について書いていきます。

目次

AviUtl ウィンドウサイズを合わせる

以下のステップに合わせて、選択していってください。

STEP
AviUtlのメニューバーから『表示』
STEP
『拡大表示』を選択
STEP
『WindowSize』を選択

WindowSizeを選択する事で、AviUtlの作業画面に合わせて、自動的に合わせてくれます。

WindowSize以外の選択肢

  • 25%
  • 50%
  • 100%
  • 200%
  • 300%
  • 400%

画像サイズを選択した倍率で表示してくれます。
※基本的にWindowSizeでOK

STEP
設定完了
AviUtl ウィンドウサイズ 変更方法

設定はこれで終了です。

WindowSizeに変更した場合は、以下のように表示されます。

AviUtl ウィンドウサイズ 変更結果 

非常に簡単に終わるで、AviUtlをインストールした際は、早めに行っておきましょう。

サイト支援

AviUtl ウィンドウサイズ 合わない時の対処法

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1998年生まれ(男性)
15歳の頃に技能や技術について学び始める
現在は『技術職・技能職』にて仕事中
数年前からスキンケアにハマり、毎日メンズスキンケアについて研究中。
趣味として『ブログ』と『Youtube』を運営

コメント

コメントする

目次
閉じる