現在サイトのテーマ調整中です。デザインや記事が一部崩れている所がありますが、ご了承ください。

髭脱毛の効果を上げる方法3選

URLをコピーする
URLをコピーしました!
髭脱毛の効果を上げる方法3選

お高いお金を払って髭脱毛をするのだから、『髭脱毛の効果』を上げたいですよね。

 

今回の記事では、『出来るだけ少ない回数で、髭脱毛を完了するために必要な事』を書いていきます。

 

この記事で分かること
〇髭脱毛の効果を上げる方法
 
この記事での『髭脱毛』は『医療レーザー脱毛』をさします

髭脱毛には主に3種類あります
・医療レーザー脱毛
・フラッシュ脱毛
・ニードル脱毛

目次

髭脱毛の効果を上げる方法3選

 

髭脱毛の効果を上げる方法
・日焼け対策
・髭を抜かない
・日々のスキンケア

日焼け対策

医療レーザー脱毛は『髭の黒い色素』に反応して、髭を生やす組織を破壊します。

要するに『毛髪に含まれるメラニン色素』に反応するわけです。

 

日焼けをすると、メラニン色素が作られます。

髭以外に『濃い黒い色素』があると、正確にレーザーを照射することが出来ません。

その為、髭脱毛を行っている期間は『日焼け対策』は必須になります。

 

 
もみじ
私の通っているクリニックでは、毎回『過去2週間以内に日焼けしていないか』と確認をされます。
 
最低でも、施術2週間前に日焼けをしないに気を付けるようにしましょう。
 

 

髭を抜かない

以前、別の記事で『髭の毛周期』について書きました。

髭の毛周期について

 

以下抜粋
医療レーザー脱毛が反応するのは、『成長期の髭』と『一部の退行期の髭』のみ
髭の毛周期は、大きく『成長期、退行期、休止期』の期間に分けられる。
現在見えている髭は『成長期』もしくは『退行期』の髭であり、脱毛の効果が期待できます。
しかし、その髭を抜いてしまうという事は、その毛穴から、髭が無くなってしまう為、レーザーが反応しません。
その為、抜いた毛穴から再度生えてくるまで、脱毛の効果を得ることが出来ないという事です。
 
もし、髭を抜いてしまう癖があるという人は、脱毛期間中は気を付けないといけません。

日々のスキンケア

日々のスキンケアが非常に大切です。

 

医療レーザー脱毛では、肌にレーザーを照射します。

その為、施術後は肌にダメージが入ります。

 

元々荒れている肌にレーザーを照射すると、さらに肌を荒れさせる原因になったりするので、

『照射の出力を下げる』

『また、別の日に照射する』

等の、対策をとる必要があります。

 

照射の出力を下げる

勿論、照射の出力を下げた場合、効果も下がります。

照射の出力を下げて施術をしたとしても、1回分の施術とみなされます。

その為、コースで契約している場合は1回分、少し損をする結果になります。

お高いお金を払って、脱毛に通っているのですから、しっかりとした効果は欲しいところです。

 

別の日に照射する

別の日に照射してもらう場合、1日分の移動費や時間が無駄になります。

特に、遠くのクリニックに通っている場合は、大きな痛手になると思います。

脱毛を早く完了したいと思っている人は、1回分逃すと、長引いてしまいます。

 

スキンケアを怠ったことによるデメリット
・1回分無駄にする
・移動費が無駄になる
・時間が無駄になる
・脱毛完了までが長引く
 
 
かえで
スキンケアと言われても、具体的に何をすればいいんだ…?
最低限やるべきこと
・洗顔後の保湿ケア(保湿剤の使用)
 

 
以上の商品は、オールインワンの化粧品で、『化粧水、美容液、乳液、マスク等』様々な役割を、これ一本で補えるのでお勧めです。
 
 
ちなみに、髭脱毛期間中は『T字カミソリ』の使用は控える事をおすすめします。
要約
T字型カミソリは、刃が直接肌に触れる為、荒れやすい
電動シェーバーを使おう!
 

髭脱毛を効率よく

 

以上にまとめたことを、脱毛期間中は気を付けて生活しましょう。

これらの事を守って生活し、髭脱毛を効率的に行っていきましょう!

 

髭脱毛1回目経過報告記事

髭脱毛5回目経過報告記

サイト支援

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1998年生まれ(男性)
15歳の頃に技能や技術について学び始める
現在は『技術職・技能職』にて仕事中
数年前からスキンケアにハマり、毎日メンズスキンケアについて研究中。
趣味として『ブログ』と『Youtube』を運営

コメント

コメントする

目次
閉じる