現在サイトのテーマ調整中です。デザインや記事が一部崩れている所がありますが、ご了承ください。

【実体験】起きる時間を1時間遅くしたことによる変化

朝、起きる時間を1時間遅くしたことによる変化
URLをコピーする
URLをコピーしました!

皆さんは毎朝、何時ごろに起きますか?

最近の私は、7時30分頃には活動を始めます。(平日)

 

家を出るのは7時55分頃。

朝起きてから、家を出るまでの時間は25分程度です。

 
かえで
めっちゃ短い!朝食とかどうしてるの!?
現在は、朝の時間が非常に短い私ですが、以前まではもっと早起きをしていました。
  現在 以前
起床 7時30分 6時30分
家を出る時間 7時55分 7時55分
起きてからの時間 25分

1時間25分

 

表をみてもらえば分かりますが、最近では以前と比べ、起きる時間を遅くしました。

 

 
もみじ
起きる時間遅くして、良い事結構あったんだよ~

 

今回の記事では

起きる時間を1時間遅くしたことによる変化
について書いていきます。
 
目次

目覚めが良くなった

目覚め

まず一つ目の変化は『目覚めが良くなった』と、いう事です。

今までは、アラームが鳴り、一度目が覚めたとしても、すぐに2度寝をしていました。

 

しかし、起きる時間を1時間遅くしたことにより、二度寝することなく、すっきりと起きることが出来るようになりました。

 

 

何故目覚めが良くなったのかを自分なりに分析してみました。

 

何故、目覚めが良くなったのか(自己分析)
〇単純な睡眠時間が増えた
〇睡眠時間が90分の倍数になった
〇そもそも2度寝する時間が無い
 

単純な睡眠時間が増えた

私は、普段は深夜0時を超えるまでには寝ようとします。

深夜0時に睡眠に入ったとすると睡眠時間は6時間30分です。

 

理想的な睡眠時間で考えると、睡眠時間が足りていないです。

睡眠時間の理想は8時間と言われています。※諸説あり
 
最近では起きる時間を1時間遅くしたことにより、睡眠時間が7時間30分になりました。
理想の睡眠時間にかなり近づくことが出来、目覚めが良くなったのでは無いかと考えます。
 

睡眠時間が90分の倍数になった

人間の睡眠は『レム睡眠』『ノンレム睡眠』と言う睡眠が交互にやってきます。

 

レム睡眠とノンレム睡眠
レム睡眠:浅い睡眠
ノンレム睡眠:深い睡眠
詳しい説明はこちら
 
この2種類の睡眠はおおよそ90分周期で入れ替わります。
そして、朝すっきりと起きる為には、レム睡眠の時に起きるのが良いです。
 
眠り始めはノンレム睡眠から始まるので、90分周期の睡眠時間をとるのが良いとされています。
 
私の睡眠時間
7時間30分(450分)=90分周期
 
1時間起きるのを遅くしたことにより、90分周期の睡眠になり目覚めが良くなったのではないかと分析しました。
 

そもそも2度寝する時間がない

私自身、早く起きると

『まだ時間があるから寝れる…zzz』と思ってしまう傾向があります。

 
もみじ
だったら、時間無くせばいいじゃん!
と、いう安易な考えから、すっぱり起きれるように。
 

疲れにくくなった

笑顔

二つ目の変化は『疲れにくくなった』という事です。

早起きしていた時は、仕事の昼休憩の時、疲労から昼寝を毎日していました。

 

しかし、起きる時間を遅くしたあたりから、昼過ぎに疲れる事が減りました。

 
何故疲れにくくなったのか
 
一日の仕事が終わる時間を17時30分としましょう。
 
起きてから仕事が終わるまでの時間
6時30分起き:11時間
7時30分起き:10時間
 
朝起きてから、仕事が終わるまでの時間が1時間短くなります。
 
かえで
え?でも、働いてる時間は同じだよね
確かに、働いている時間は同じです。
しかし、朝起きた時点から、会社に着くまでの間に、気づかないストレスがあります。
 
ストレス
・定時に間に合わせる(時間的ストレス)
・仕事に行かないといけないと思う(心理的ストレス)
 
このように、朝起きた時点で、ストレスがかかります。
1時間起きるのを遅くしたことにより、このストレスがかかる時間が単純に短くなるのです。

 

朝、起きてからの時間が長いと、気づかないうちにストレスが蓄積されているのではないかと考えました。

 

 
かえで
なるほど、仕事に関する事を考える時間が短くなったんだな
 
もみじ
だからこれに関しては、
夜寝る時間を早くしても意味がないんだよ
多分、知らんけど
 
但し、成長ホルモンが出る時間は決まっているので、早く寝るに越したことはないです。
 
 
併せて読みたい
寝れない時の対処法7つ

朝の時間はない

朝 コーヒー

勿論、1時間起きるのを遅くしたことによるデメリットもあります。

それは、朝の時間が無いという事。

 

 
もみじ
まぁ、当たり前なんだけどね
 
朝の時間が1時間短くなります。
その1時間の時間をどうやって埋めるかが大切になってきます。
 
もみじ
私の場合、朝やることなんてほとんどないんでオッケーです
 
かえで
じゃあ、何で今まで早く起きていたんだ…?

特に、朝の時間が無い場合困るのは朝食です。

私の会社では、食堂があり、朝食も対応していますので、朝、出社してから食べています。

 

食堂が無いという人は、会社に食べ物をもっていって会社で食べるのもありだと思います。

 

結局は個人差あり

個人差

ここまで書いておいて、最後にこんなこと言うのはあれなのですが…

結局は個人差あり
 
人間の疲れやすさや、ストレスの感じ方、適切な睡眠時間、ましてやノンレム睡眠とレム睡眠の周期などもすべて個人差があります。
 
今回は、私にあっていた方法を紹介させていただきました。
これを試してみてもダメだった場合は、自分に合う方法を探すしかありません。
 
毎日睡眠時間を管理し、自分が一番すっきり起きられる睡眠時間を探してみてください!
 
耳寄り情報
睡眠の質を高めるチョコレートがあります。
私自身も良く使用していますが、目覚めが良くなります!
おすすめです!

 

サイト支援

朝、起きる時間を1時間遅くしたことによる変化

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1998年生まれ(男性)
15歳の頃に技能や技術について学び始める
現在は『技術職・技能職』にて仕事中
数年前からスキンケアにハマり、毎日メンズスキンケアについて研究中。
趣味として『ブログ』と『Youtube』を運営

コメント

コメントする

目次
閉じる