現在サイトのテーマ調整中です。デザインや記事が一部崩れている所がありますが、ご了承ください。

日常会話や仕事で使われるベターやベストの意味や使い方

ベターとベスト
URLをコピーする
URLをコピーしました!

皆さんは、日常会話や仕事での会話にて「ベター」や「ベスト」という単語を耳にしたことはありませんか?
この二つの言葉は、意外といろいろな場所で聞きます。

特に仕事の場面で意味がわからないと恥ずかしい思いをしてしまうので、今回の記事では「ベター」と「ベスト」の意味や使い方について解説していきます。

目次

ベターとベスト

ベターとベスト

まずは、ベターとベストを使った例文を読んでみましょう。

例文

  1. こっちの方法がベターだよ。
  2. 他にベターな方法があったら教えてくれ。
  3. 最後の試合、自分たちのベストを尽くそう。

解説

ベターとベストは、元々英単語の「better」と「best」からきています。

単語意味
better(ベター)他よりも良いさま
比較的良いさま
デジタル大辞泉
best(ベスト)最上。最良。最優秀。またそのもの
最善、全力
デジタル大辞泉
言葉の意味

以上の表にまとめたような意味があります。中学校の英語の授業で習いましたよね。

日本語で「ベター」「ベスト」を使う場合も同じような意味で使われることが多いです。

したがって「ベスト」は「最善」を意味し「ベター」は「比較的良い」事を意味します。

両方とも、「良い」意味を持ちますが、英語で「良い」は「good(グッド)」です。
そして、そのgoodの比較級・最上級が「ベター」と「ベスト」なのです。

原型good(well)
比較級better
最上級best
goodの比較級・最上級

これも学生の頃に習いますね。思い出した人もいるのではないでしょうか。
この、比較級・最上級を頭に置いておくと、意味を理解しやすくなると思います。

これらを踏まえて、先ほどの例文を見てみると…

例文の意味

  1. こっちの方法の方が、(それよりも)より良いよ。
  2. 他にもより良い方法があったら教えてください。
  3. 最後の試合、自分たちの最善を尽くそう。

言葉の意味を理解することは大切

グローバルな世の中になってきた現代。
日本に住んでいても、日本語以外の言葉がたくさん飛び交っています。

自分は海外なんていかないから関係ない、はもう通用しません。
今回紹介した「ベター」「ベスト」の他にも、仕事をしていく上では「マスト」や「ウォント」といった言葉もよく出てきます。

わからない言葉は、誰かに聞いたり、自ら調べて言葉の意味を理解する自主性を身に着けていきましょう。
きっと、自分の為になります。

サイト支援

ベターとベスト

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1998年生まれ(男性)
15歳の頃に技能や技術について学び始める
現在は『技術職・技能職』にて仕事中
数年前からスキンケアにハマり、毎日メンズスキンケアについて研究中。
趣味として『ブログ』と『Youtube』を運営

コメント

コメントする

目次
閉じる