現在サイトのテーマ調整中です。デザインや記事が一部崩れている所がありますが、ご了承ください。

【2020年版】ワイヤレスイヤホン入門におすすめの商品はこれ

2020年おすすめワイヤレスイヤホン
URLをコピーする
URLをコピーしました!

みなさんこんにちは。

皆さんはイヤホンをよく使用しますか?

イヤホン使用例
①通勤・通学時
②音楽を集中して聞きたい時
③作業に集中したい時 etc..
イヤホンを使うタイミングは結構ありますよね。
 
 
もみじ
私も、通勤時に毎日使っています
そして、イヤホンにも色々な種類があります。
 
イヤホンの種類
・有線イヤホン
無線イヤホン(ワイヤレスイヤホン)
さらにはイヤホンの形等からも、種類分けが出来ます。
 
今回の記事では、
『これからワイヤレスイヤホンデビューしよう!』
と、思っている人に向けて、私のオススメのワイヤレスイヤホンを紹介します!
 
この記事はこんな人におすすめ
〇ワイヤレスイヤホン初心者の人
〇オススメのワイヤレスイヤホンを知りたい人
〇お手軽に買えるワイヤレスイヤホンが欲しい人
 
目次

初めてのワイヤレスイヤホンはこれで決まり

JPRiDE TWS-520

 

私がお勧めするワイヤレスイヤホンは

TWS-520 Bluetoothイヤフォン
 

TWS-520 Bluetoothイヤフォン(JPRiDE)

メーカー JPRiDE
Amazon評価 ☆4.2(2020年8月現在)
値段(Amazon) 4980円(2020年8月現在)
イヤフォンタイプ カナル型イヤホン
連続使用時間 6時間以上使用可能
充電ケース使用時 20時間以上使用可能
Bluetooth Bluetooth 5.0対応
防水機能 IPX5等級
音質 プロ仕様 REALTEK チップセット採用
重量 イヤホン+充電ケース 49g

 

実際に使用してみた感想

 

 
もみじ
私自身、このワイヤレスイヤホンを現在使用しています。
使用してみて、感じたことを書いていきます。
 
感じたメリット
〇値段が手頃
〇音質が良い(低音〇)
〇通信が安定している
〇充電の持ちが良い
〇軽量
〇イヤホン単体で操作ができる
〇ケースから出すだけで自動接続
 
 
かえで
結構沢山メリットあるんだな
 
もみじ
私が初めて買ったワイヤレスイヤホンです。
買って後悔はしていません。

 


 
〇値段が手頃
私はAmazonで購入したのですが、値段は4980円で購入することができます。
5000円以下で購入することが出来るので、凄くお手頃な値段だと思います。
 
某空気ポッドは2万近くしますし、Proになると3万越えの値段です。
 
かえで
その分、Air P…おっと
某、空気ポッドは品質はしっかりしてるのかもね
 
もみじ
でも、TWS-520の品質が悪いわけではないよ

〇音質が良い

安いイヤホンは音質が悪かったり、通信が途切れたりしそうですよね。

しかし、TWS-520はそんなことはありませんでした。

 

低音もしっかりと聞こえてきて、音質も値段にしてはかなり良いと感じました。

音響エンジニアがチューニングした立体的なサウンド。本機の音色は、パワフルな低域を特徴としつつ、ボーカルが際立つクリアな中高域をバランスする調整となっています。
本機は 原音に加工 を行わず、マスタリングを行ったクリエイターの意図を忠実に再現します。
引用元

 


〇通信が安定している

また、通信には最新のBluetooth5.0を使用しているため、安定した通信が出来ます。

 

 
もみじ
私自身、使用していて通信が途切れることは本当に稀です。
 
通信範囲も広く、製品説明には10mまでは安定した通信が出来ると記載があります。
実際に試してみましたが、かなり遠くまで通信が可能でした。
 
試しに、イヤホンを付け、音楽プレイヤーを部屋におき、隣の部屋に移動しても音楽が聴けました。
壁を隔てても聞けたことには正直感動を覚えました。
 
10mまで安定した通信は、障害物がない場合だと思われます。

 


〇充電の持ちが良い

一回のフル充電で6時間以上は使用する事が出来ます。

もしかしたら用途によっては、短いかもしれませんが、通勤などや6時間未満での使用であれば、全く問題はありません。

また、イヤホンを収納するケースが充電ケースになっているので、音楽を聴き終わり、収納するだけで充電が開始されます。

なので、実質6時間+充電ケースの充電分の時間は使用する事が出来ます。

 


〇軽量

私が、最初この商品を手に取って驚いたのが製品の軽さです。

 

 
もみじ
え!?イヤフォンってこんなに軽いの!?
本当にこれで音楽聞けるの!?
本当にこんな感じでした。
イヤホン本体の重さは4.8g
充電ケースの重さは39g
イヤホン片耳で2.4g
これは衝撃の軽さでした。
 
 
もみじ
分かりやすく言うと、
1円玉約2枚分だね。
 
しかも、TWS-520は耳にフィットしやすいカナル型イヤホンです。
装着感〇+軽量=快適
 
こちらの商品を使用していて、耳が疲れたなどという事は一度もありませんでした。
 

〇イヤホン単体で操作ができる
TWS520にはイヤホン本体にタッチで操作できるパネルがついています。
そのパネルを使う事により、イヤホン本体だけで様々な操作が可能です。
右側イヤホン 長押し 次の曲へ
左側イヤホン 長押し 前の曲へ
右側イヤホン 1回タッチ 音量UP
左側イヤホン 1回タッチ 音量DOWN
右側・左側イヤホン(どちらでも可) 2回タッチ 音楽STARRT/STOP
 
音楽を聴くために必要な操作は一通りそろっているように感じます。
この他にも、通話の応答なども出来ます。
 
 
もみじ
私は音楽プレイヤーでしか使っていないので、通話応答で使ったことはないですね…
 

〇ケースから出すだけで自動接続
これが地味に便利です。
ケースから取り出すだけで自動的に音楽プレイヤーと接続をしてくれます。
 
いちいち毎回音楽プレイヤーでBluetoothの設定をしなくていいので楽です。
 

 
感じたデメリット
〇故障しやすい
〇故障しやすい
 
これは私自身が感じたことではありません。
Amazonのレビューの低い評価には『すぐに壊れた』などの評価が多く見られました。
口コミ

Amazonカスタマー
2020年6月
一年経たずして壊れました
残念

値段も1万円以下なので、大した期待もしていなかったが、音質がとても良い。特に低音が良く聴けるかが気掛かりだったが、今までのBluetoothではないイヤフォンよりも音質が良い。
sonyのBluetoothを買ってがっかりして直ぐに手放してこちらを買い直したが、本当に大正解。
イヤフォン部分で操作は出来るが、あまり分からないけど、iPhone本体で殆ど操作するので自分にとってはあまり問題なし。
説明書が日本語で書かれているところも信頼出来た。
ただ一つだけ言えるのは、付属のイヤーピースが自分の耳には合うものがなかったので、そこは買い足す必要があった。数日は手持ちのイヤーピースで我慢。

良かったけどレビューの催促がしつこいね


Amazonカスタマー
購入から1ヶ月しない間に右耳用の充電不良が時々発生していたのですが、先日遂に充電出来なくなってしまいました。
修理の手続きも面倒なので充電不良の原因を自身で目で確認しておきたかったため分解しました。
結果的にケース側の接点稼働部分の不良でイヤホン側の接点が接触出来ずに充電出来なくなったとおもわれます。
他の方も充電出来ない事象があるようなので接点部品のハズレがあるのかもしれません。
今回、接点部分について勉強できたので次に購入する時は十分注意して購入したいと思います。

 
同じようなレビューが沢山投稿されているので、少し怖い部分はありますが、
私自身、3か月以上使い続けていますが、まだピンピンしています。
 
Amazonの商品説明欄にはこんなことも書いてありました。
【 🚫 競合他社の妨害レビューについて 】 現在、同業者の営業妨害により ☆1 ☆2のレビューを投稿される被害を受けており、現在調査機関による犯人の特定を行なっております。
 
 
かえで
こんなことする奴がいるのか!?
 
もみじ
まぁ、どっちが正しいのか分からないけどね。
私は、今のところ異常なく使用できているし、
JPRiDEさんを信用します。
 

迷ったらTWS-520を買おう

 

ここまで製品のメリット・デメリット・使用してみた感想を書いてきました。

 

私自身も使用していますが、本当におすすめ出来る商品です。

 

迷ったらとりあえずコレ!と声を大きくして言える商品ですね。

 

 

 

初めてのワイヤレスイヤホン選びで迷っているあなた。

是非、この商品を試してみてください。

 
音楽プレイヤーは『iPod』orウォークマンがおすすめ!

サイト支援

2020年おすすめワイヤレスイヤホン

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1998年生まれ(男性)
15歳の頃に技能や技術について学び始める
現在は『技術職・技能職』にて仕事中
数年前からスキンケアにハマり、毎日メンズスキンケアについて研究中。
趣味として『ブログ』と『Youtube』を運営

コメント

コメントする

目次
閉じる