現在サイトのテーマ調整中です。デザインや記事が一部崩れている所がありますが、ご了承ください。

洗顔の正しいやり方!ゴシゴシやるのはNG?

正しい洗顔のやりかた
URLをコピーする
URLをコピーしました!
目次

導入

正しい洗顔のやりかた

皆さんは『正しい洗顔のやり方』をご存知でしょうか。

『ゴシゴシ強く顔をこする』のが正しいのか、それとも『肌を、直接触らないくらいに優しく行う』のが正しいのか…

洗顔はスキンケアの基本中の基本のケアになります。
洗顔が正しく出来ていないと、その後のケアである『化粧水・美容液・乳液』などの効果が薄れてしまいます。

せっかく時間を使って、スキンケアをするのですから効果は高めたいですよね!

いつまでも若々しくいるために毎日の洗顔は必須です!


私は男性ですので『メンズスキンケア』に関してよく調べて実践しています。
しかし私自身、一昔前まではスキンケアを全く行っていませんでした。
元々肌が荒れにくい体質で、スキンケアをやらなくても私は大丈夫っていう謎の自信がありました。(笑)
そして、悲劇が起きたのは21歳位の頃…


 
もみじ
あれ?なんか鼻先黒ずんでない…?
うそ…私の鼻先黒すぎ…


いわゆるイチゴ鼻と呼ばれるやつですね。
しかも21歳となると私が彼女にフラれたくらいの年頃(笑)
まぁ、フラれた理由は別にあるんですけどね…泣
新しい人を見つけるために『自分磨き(スキンケア)』が必要だと感じスキンケアを始めました。
他にも『いつまでも周りから若く見られたい』という思いもあります(笑)
しかし、今までスキンケアをしてこなかった私は大きな壁にぶつかります。
『スキンケアって結局どうすればいいの?』
これからスキンケアを始めるという人も同じ疑問を持つと思います!
なんでも最初はやり方とか分からないですよね!
と、言う訳で今回はスキンケアの中でも基本となる
『洗顔の正しいやり方』
について詳しく書いていこうと思います!!

正しい洗顔のやり方

ゴシゴシ洗顔はOK?NG?

ゴシゴシ洗顔

まずは皆さんに質問があります

洗顔は『ゴシゴシやるもの』or『やさしくやるもの』

どちらだと思いますか?



 
かえで
汚れをちゃんと落としたいから
俺は『ゴシゴシやるもの』だと思う
 
もみじ
そうだね
ゴシゴシやった方が汚れ落ちそうだもんね
でも、それ。ダメです!
 
かえで
えぇ!!
何で!!
 
もみじ
そのことについて今から説明していきます!


 
洗顔はやさしく洗うのが良い
 
人間の肌というのはとてもデリケートなものだという事をまず認識してください。
洗顔の時に強い力を加えて顔をこすると
摩擦などにより肌にダメージが入る。
・肌に必要な皮まで洗い流してしまう。

汚れを洗い流すことは大切ですが、ゴシゴシと洗った結果、肌に強い刺激が入り肌を痛めてしまいます。
その結果、『肌がボロボロ』になったり、『乾燥』したりしてしまいます。

大事なのは『やさしく洗う事』です。

やさしく洗うだけでも効果はあるの?

やさしい洗顔

恐らく皆さんの次の疑問はこちらでしょう。
 
やさしく洗うだけでも効果はあるの?
やさしく洗うだけでも汚れは落とせます。
 
やさしく洗うだけでも効果はあるのかと聞かれたら、正しい洗顔方法で行えば落ちますと答えます。
例えばやさしく洗えば水だけで洗顔してもいいのかと言われたらそれは違うと思います。
私が大切だと思っていることは『泡』です。
洗顔剤を泡立てることが非常に大切です。
そして、その『泡』で汚れを落とします。
『やさしく洗う=泡で洗う』
と、思ってください。
洗顔剤を泡立てるためにオススメなのが
『泡立てネット』です!
泡立てネットを使うだけで泡立ちがかなり違うので使用する事をお勧めします。
 
【泡の凄さに気づいた出来事】※余談
仕事で油汚れのひどい机みたいな物を掃除する機会がありました。
最初は洗浄剤で机を拭いて、雑巾に汚れが付かなくなるまで拭きました。そこに先輩が現れ…
『これで拭いてみて』と渡されたのが、泡立てられた洗剤。それで拭いてみると…
『雑巾が真っ黒』になりました。え…泡の力凄いって、ガチで感動した記憶あります。
泡は汚れを落とすのに、とても重要な役割を果たす事を実感した出来事でした。

私が行っている洗顔の仕方

私が行っている洗顔の仕方

それではここから私が実際に行っている洗顔のやり方を紹介します!

1.手を洗う

まずは手を洗い、顔に雑菌や手の汚れが付かない様にします。

2.顔をぬるま湯で軽く流す

冷水:毛穴が収縮し汚れが落ちなくなる。
熱湯:必要以上に皮脂を落としてしまう。→肌乾燥の原因

この時に顔をゴシゴシしないようにします。

3.洗顔料を泡立てる

この時に泡立てネットを使用しキチンと泡立てます。

4.泡で洗うように洗顔します

泡を『転がすように』して顔を洗います。
手で直接肌に触れて洗うのではなく、『泡』で洗います。

洗う順序は

①おでこ・鼻
②頬
③目元・口元
↓皮脂の多い部位

↓皮膚の弱い部位
このように、皮脂の多い部位から皮膚の弱い部位の順番に洗っていきます。
皮膚の弱い部位は特にやさしく洗いましょう。

5.洗顔剤を洗い流す

この時も肌をゴシゴシしない様にします

私は手で器を作り、その中にぬるま湯を入れ、顔をつっこみます。
そのあとに、鼻から息を出しぶくぶくさせ泡を落としています。

流し残しが無いようにしましょう。
洗顔剤が毛穴などにつまり、良くありません。

6.顔の水分を清潔なタオルで拭き取ります

タオルを顔に押し当てる感じで水分を取ります。

この時タオルで肌をこすらない様にしましょう。
洗顔後でデリケートな肌とタオルの摩擦は大きなダメージになるので気を付けましょう。

 

私の洗顔の仕方はこんな感じです!

この後には、化粧水や美容液、乳液などを顔に塗ります。
化粧水や・乳液などは洗顔を行ったのなら、必ず必要なので行ってください。

洗顔後のスキンケアに関してはまた今度の記事で書かせていただきます。

正しい洗顔を行ったことによる肌の変化

肌の変化

私自身、昔は洗顔に興味がなく、行っていなかったので
洗顔を行ったことにより肌に変化がありました。
それを紹介します。

ニキビが出来づらくなった

私は元々ニキビが出来やすい体質ではないのですが、少し生活習慣が乱れた時や、食生活が乱れた時は良くニキビが出来ていました。
しかし、洗顔を正しく行うことによって、そういったニキビの発生率もかなり減りました。
毎日遅くまでブログを書いていてもニキビが出来ません。
幸せです。

肌の黒ずみが軽減された

私は元々、鼻先が汚れで黒ずんでいました。(俗にいうイチゴ鼻)
しかし正しい洗顔方法で洗顔をすることにより、鼻の黒ずみが少しずつ減ってきました。
完全に治ることはなかったですが、昔と比べだいぶマシになってきました。鼻の黒ずみの正しい治し方はまた別の記事で書こうとおもっています!!

他にも肌のハリが出てきたことや、乾燥肌がなくなったという変化はありましたが
恐らく、洗顔ではなく化粧水や美容液、乳液などの洗顔後のケアによるものだと思うので割愛。

それらの記事も今後書いていきます。

私が若く見られるようになった話

喜び

最近凄く若く見られることが増えてきました。

・映画館に行ったときに学生に間違われ「学生証見せてください」と言われた。
・人事異動で別職場に移った時15歳に間違えられる(実際は22歳)
↑これは流石に傷ついた(笑)
・良く行っていた定食屋のバイトの子に高校生くらいだと思ってたと言われた(実際は22歳)

最近は若く見られることが増え、スキンケアの効果があったのではないかと思っています。

今後もスキンケアを続け「実年齢ー5歳」を維持し続けたいと思います!
そのためにはスキンケア以外にもやらないといけないことありますけどね(笑)

今日から皆さんも楽しく洗顔生活

まとめ

洗顔は毎日正しく行っていけば必ず効果が出てくると思います。

洗顔の効果を感じることが出来れば、スキンケアの楽しさもわかってくると思います!

1年後、5年後、10年後にいつまでも若々しい肌でいられる為にも、今のうちからスキンケアをしていきましょう!

 

サイト支援

正しい洗顔のやりかた

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1998年生まれ(男性)
15歳の頃に技能や技術について学び始める
現在は『技術職・技能職』にて仕事中
数年前からスキンケアにハマり、毎日メンズスキンケアについて研究中。
趣味として『ブログ』と『Youtube』を運営

コメント

コメントする

目次
閉じる