現在サイトのテーマ調整中です。デザインや記事が一部崩れている所がありますが、ご了承ください。

【感動フリーゲーム】ママにあいたい。涙無しではプレイできない

感動ゲーム ママにあいたい
URLをコピーする
URLをコピーしました!
【感動フリーゲーム】
ママにあいたい。
涙無しではプレイできない
今回の記事では、私のオススメする『感動フリーゲーム』を紹介します。
目次

感動フリーゲーム『ママにあいたい。』

ママにあいたい。メイン画面

ゲーム概要

公式サイト:ママにあいたい
プラットフォーム:PC
値段:無料
DLサイト:ふりーむ!
ジャンル:探索型ADV(若干ホラー)
END:3+1
プレイ時間:30分~2時間

ゲーム詳細(一部公式サイト引用)
腕を失った主人公がママの元へ行くために必要なものを得ながら進む仄暗いストーリーの探索型ADV
ストーリー重視のゲーム。(追いかけ要素あり)

おススメポイントと感想(ネタばれ無し)

筆者自身も実際にプレイしています。
おススメポイントと、感想をネタバレ無しで紹介します。

ママにあいたい。箱の中身

 

おススメポイント
〇ストーリーが泣ける
〇登場人物の設定がしっかりしている
〇考察のしがいがある
〇作者の処女作

ストーリーが泣ける

公式サイトにも書いてありますが、『ストーリーメインのゲーム』になります。
ゲームのタイトル通り、『ママにあいたい』と思う少年が、ママに合う為に必要な物を集めながら、探索していきます。
様々な登場人物と出会いながら、沢山の謎を解いていきます。
登場人物と、主人公の関係は、ゲームを進めていけば分かりますが、とにかくラストが泣けます…

筆者自身、今までプレイしてきた中で、1位、2位を争うほど印象に残っているゲームです。

ママにあいたい。ラストシーン1

登場人物の設定がしっかりとしている

登場人物は沢山出てきます。
作中では、1番目、2番目…等と呼ばれています。
6番目まで登場し、+ママが出てきます。
登場人物のすべてが、様々な過去を持っており、全てのエンドを見るのが凄く楽しみになるゲームです。

ママにあいたい。ラストシーン

考察のしがいがある

ストーリーも奥が深く、作中では明確に明かされない部分もあります。
その部分を考察していくことが、このゲームの醍醐味の一つです。
Youtubeの実況動画のコメント欄では、考察が書かれているのを、よく見受けられます。

作者の処女作

このゲームの作者は『野乃ノ 之』さんです。
とても評価の高いゲームでありながら、野乃ノ 之さんお処女作になります。
非常にセンスを感じられるゲームで次回作がとても楽しみです。

野乃ノ之さんは、普段は絵師として活動をしています。
ゲーム制作メインで行っている訳ではないので、次回作がいつ出るかは不明です。
一応開発は行っているようです。
Twitterで次回作のサンプル動画は公開されていましたが、公開はまだまだ先になりそう?
 
以上が、オススメポイントになります。
こちらのゲームは、PCフリーゲームで、PCさえあれば無料でプレイできますので、是非プレイしてみてください。
本当におすすめ出来るゲームです。

筆者のゲーム実況動画

筆者も実際にプレイして、ゲーム実況動画を投稿しています。
プレイする時間は無いけど、ストーリーを見たいという人は、是非私のゲーム実況を見てください。

ほとんどのパートを1つにまとめた動画になります。
※この動画を出した後にも、数本出しているので、その動画は含まれません。

 

筆者の感想(ネタばれ含む)

※注意喚起※
これから先はネタバレを含みます

私自身、このゲームをプレイしました。
正直、軽い気持ちでこのゲームをプレイしましたが、作者にしてやられましたね。
実況動画を撮りながら、泣きそうになりましたよ(笑)

このゲームがリリースされた当初、絵の感じに凄く惹かれ、ゲームをダウンロードしてみました。
実際にプレイしてみると、どんどんゲームのストーリーに惹かれていき、ぶっ続けでプレイしていました。

プレイしたのが、かなり前なので記憶が薄れている所もありますが、感想を書いていきます。
作中では、詳しくは書かれてなかったと思うのですが、おそらく、ママのおなかの中での話です。
主人公に『腕』が無いと知って、このままママに会いに行っても…と思っていましたが、まさかラストに…

あぁ。思い出しただけでも泣きそうですね。

ネタバレありと書きましたが、正直ここの部分は実際にプレイして、皆さんにも感動を味わってほしいです。
一応、トゥルーエンドでは、ママに会いにいったシーンがあります。
そのシーンでも謎が多く、作中ではママにあった後、どうなったのかは詳しくは書かれていません。
色んな人が、考察をしているので、それを見るのも楽しみ方の一つですね。

サイト支援

感動ゲーム ママにあいたい

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1998年生まれ(男性)
15歳の頃に技能や技術について学び始める
現在は『技術職・技能職』にて仕事中
数年前からスキンケアにハマり、毎日メンズスキンケアについて研究中。
趣味として『ブログ』と『Youtube』を運営

コメント

コメントする

目次
閉じる