現在サイトのテーマ調整中です。デザインや記事が一部崩れている所がありますが、ご了承ください。

【小型モバイルバッテリー】大容量で薄型!実際に使用してみた感想

小型・薄型・大容量 モバイルバッテリーレビュー
URLをコピーする
URLをコピーしました!

現代ではスマートフォンが欠かせない存在になりました。
それに伴い、外出先でも充電できる『モバイルバッテリー』の需要も高まっています。

モバイルバッテリーは、外出先で使うことが多いため、携帯性が重要視されます。
Amazonで良さそうなモバイルバッテリーを発見しましたので、実際に購入して使用してみました。

今回の記事では、『小型・薄型』でありながら『大容量』のモバイルバッテリーをレビューしていきます!
実際に買ったモバイルバッテリーはこちらです。

目次

製品特徴

製品の特長について書いていきます。

小型・薄型モバイルバッテリー

大容量

このモバイルバッテリーの容量は10000mahです。
モバイルバッテリーとしてはかなりの大容量になります。

機種充電回数
iPhone X約2.3回
iPhone 8約2.5回
iPad Pro約1回
機種別充電回数(目安)

Androidの端末にも対応しています。
※筆者はAndroid使用者

家電量販店や携帯ショップに置いてある様なモバイルバッテリーは3000mah~5000mahをよく見かける為、この10000mahがどれだけ大容量かが分かりますね。

スマホの充電1回分さえあれば十分だとは思いますが、2回以上充電できるとなると、モバイルバッテリー自体の充電を忘れてしまっても安心ですね。

この、容量の大きさはこのモバイルバッテリーの特徴の一つです。

小型・薄型・軽量

このモバイルバッテリーは『小型』『薄型』『軽量』の3拍子が揃っています。

小型薄型軽量
82×8215160
各々のサイズ(mm)と重量(g)

他の10000mahのモバイルバッテリーと比較してみると、これだけの差があります(下表)

仕様当製品他製品(例)
サイズ82×82149×68
厚み1514
重量160212
当商品と他製品の比較(単位:mm/g)

比較した製品はこちらです。(下リンク)

この比較で使用したモバイルバッテリーは、人気の高い『Anker(アンカー)』製です。
高品質で、購入で失敗する事も少ないので、こちらの商品もオススメできます。

厚みは、変わらず薄く、それでいてサイズや重量がかなり軽いことが分かります。

大容量モバイルバッテリーとなると、サイズが大きかったり、重くなってしまったりするケースが多いです。
しかし、このモバイルバッテリーは大容量で小型を実現しています。

モバイルバッテリーに必要な『携帯性』もキチンをクリアしている素晴らしい製品です。

機能性が高い

これだけ軽量&大容量だと、機能性が劣るのではないか。と思う読者も多いのではないでしょうか。

しかし、こちらの商品は十分な機能性を持っています。

入出力(急速充電可能)入力:5V/2A 出力:5V/2.1A
USB端子2ポート
バッテリー残量表示有り
過剰電圧防止機能有り
高温防止有り
自動充電停止有り
機能

特に、USB端子が2つある所が高ポイントです。

モバイルバッテリー USBポート2つ

同時に2台の端末を充電することが出来る為、充電時間を節約することが出来、さらに高速充電が出来ます。

自動充電停止もついているため、過充電になる心配もありません。

端末にも優しいモバイルバッテリーになっています。

デザインがかっこいい

これは、正直筆者の主観でしかないのですが、デザインがかっこいいです。

このモバイルバッテリーは3種類のカラーから選択することが出来ます。

・ブラック
・ホワイト
・ピンク

もみじ

自分の好きな色を選べるのはポイント高いね!

正方形で薄型のこのモバイルバッテリーは凄く、お洒落です。

特に、ブラックは表面がガラスの様な反射する素材ではなく、マット加工の様になっています。
手触りが非常によく、指紋が目立つこともなく、清潔&お洒落に見えます。

他の2色は、Amazonの商品画像を見る限り、マット加工ではなさそうです。
※実際に筆者が購入してみた訳ではないので、確証はありません。

購入はこちらから↓

メリット

次に、このモバイルバッテリーのメリットを書いていきます。

容量と携帯性・機能性の両立

一番のメリットは、バランスが良いという事です。

ある程度の大容量であり、携帯性も良く、機能も十分です。

特に筆者としては、携帯性をかなり重要視していて、これだけ小型・軽量となると持ち運びも全く苦になりません。

デメリット

次に、このモバイルバッテリーのデメリットを書いていきます。

入力がUSB TypeCではない

このモバイルバッテリーのデメリットは、入力の端子がUSB TypeCでない事です。

最近のスマートフォンは、充電の端子がUSB TypeCに変わってきています。
その為、モバイルバッテリーもUSB TypeCである方が、何かと都合がいいのです。

このモバイルバッテリーの入力部分は『micro usb』になっています。

モバイルバッテリーmicrousb

購入すると、micro usbケーブルも付属していました。
新しく購入する必要はないです。

1日だけの外出なら特に問題はないのですが、旅行など、旅先でモバイルバッテリーを充電したいとなった時に、micro usbケーブルも持っていく必要が出てきます。

スマホの充電器を併用できない事がデメリットの一つです。

勿論、iPhone等のLightningケーブルの場合も、micro usbケーブルを持っていく必要があります。

もし、旅先で急にmicro usbケーブルが欲しくなった場合は、コンビニに置いてあることが多いので、すぐに入手する事は出来ます。

バッテリー残量表示が4段階

バッテリーの残量表示機能は付いていますが、4段階でしか表示されません。
残量を4つのライトの点灯で表示してくれます。

モバイルバッテリーの中には、デジタル表示で1%単位で表示される製品もありますから、不満に思う人もいるかもしれません。(以下製品)

もみじ

確かに、1%単位で表示してくれた方が、残量分かりやすいもんなぁ

使用してみた感想

最後に、私が実際に使用してみて感じたことをまとめていきます。

普段使いとしては十分

私が、このモバイルバッテリーを購入した理由は、最近スマホのバッテリー持ちが悪くなってきたからです。

仕事の日で、あまりスマホを使っていない場合でも、1日ギリギリ持つかどうかレベルまで、スマホのバッテリーが劣化しています。

しかし、このモバイルバッテリーを使用すれば、1日は余裕で持ちます。
また、凄く軽量なので、荷物にかさばりません。

このモバイルバッテリーが壊れるまでは使い続けようかな、という印象です。

Amazonレビュー

最後に、Amazonでのレビューをまとめておきます。
参考にしてください。

薄くて軽い。以前使っていたものは、300gくらいだったと思いますが、これは入れ物込みで166gです。
薄くて小さいので気軽に持ち運べます。5時間くらいスマートフォンにつないで、Bluetoothでストリーミング音楽を
聞いていますが、大体半分弱くらい減っています。3000mAのスマートフォンで、これくらい使ったら電池残量
30%くらいになるので、容量10,000mAは概ね合っているのではないかと思います。
購入してラッキーでした。

とてもコンパクトでお勧めできます。
手触り感も悪くなく、ストラップホールも空いていました。
ちなみに保証期間は3ヶ月ですのでその点は他の製品と比べてとても短いです。

前使っていたモバイルバッテリーをなくしたので、こちらを購入した。前のものと同じ10000mAhであるが、重さと大きさが違う、こちらの方が断然に軽く、サイズも小さいし持ち運びやすいと思う

購入はこちらから!

サイト支援

小型・薄型・大容量 モバイルバッテリーレビュー

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

この記事を書いた人

1998年生まれ(男性)
15歳の頃に技能や技術について学び始める
現在は『技術職・技能職』にて仕事中
数年前からスキンケアにハマり、毎日メンズスキンケアについて研究中。
趣味として『ブログ』と『Youtube』を運営

コメント

コメントする

目次
閉じる